脱毛して綺麗な肌を作りたいと女性なら誰もが思うことで、特にワキや腕、足といった人目に付きやすいところはもちろんのこと、自分では気付かない部位も少なくありません。特に襟足は首の裏側にあるので、鏡で見ても気付きにくく、手入れもしづらいことから悩ましい部位と言えます。ここが綺麗になっていれば、髪の毛をアップにしたり、ショートヘアでも綺麗なうなじが見えるようになるので、人に見せても恥ずかしい思いをすることもありません。ちなみに襟足とうなじは同じではなく、襟足は首の後ろの髪の毛の生え際、うなじは首の後ろということになっています。しかし、ミュゼでは個別にパーツ分けされておらず、襟足のみでうなじを含む一定の範囲をカバーしています。脱毛にかかる回数は個人差だけでなく、腕や足など各部位によって違いがあるため、これから襟足の施術を受けようという人は施術を受ける回数を検討しなくてはいけません。襟足は髪の毛が生えてくる部位なので、基本的に毛深い傾向にあり、顔や背中といった産毛だけが生えている部位より回数が必要とされます。そのため、手や足といった部位と似た様な回数が必要となり、一般的には12回前後が目安となっています。とりあえず、産毛などがあっても良いので、目立ちにくい範囲で薄くしたいというのであれば、口コミでも言われていますが大体4~6回程度で効果があるようです。襟足は毛が長く施術がしづらいという問題があり、一部のサロンでは手入れをしていないと断られることもありますが、ミュゼは無料でシェービングしてくれるので気軽に依頼してみると良いでしょう。